• ホーム
  • 理想的なマイホームを作る上で注意しておくべきポイントTOP3!

理想的なマイホームを作る上で注意しておくべきポイントTOP3!

2019年11月04日
きれいな家

理想的なマイホームを作るためには、注意しておくべきポイントがあります。依頼先選びに関すること、資金計画、土地選びが注意しておくべきポイントです。これらの注意点を間違わなければ、マイホームの取得はうまくいきます。逆に大きな失敗は、これらのポイントを外した時に起こります。ブログには注意すべきポイントを外したことによる失敗例が多く寄せられています。

注意しておくべきポイントの中でも依頼先選びは、簡単ではありません。マイホームの依頼先は多く、ハウスメーカーや地元のビルダー、そして工務店まで含まれます。設計事務所の活用を考えると、選択肢が多すぎて迷ってしまいます。ブログには多くのハウスメーカーに関する情報が寄せられているので、参考にしたいものです。

資金計画は無理のないものにする必要があります。住宅ローンの借り入れでは、金融機関により限度額が設定されています。あまり考えずに限度額いっぱいの借り入れをしてしまうと、生活に余裕が全くなくなることがあります。そうならないためには、将来にわたる生活設計をし、無理のない返済計画を立てることが必要です。

土地選びも簡単ではありません。賃貸は立地条件だけで選んでも問題はありませんが、マイホームはそうもいきません。マイホームの土地選びは立地条件だけで選ぶと思わぬ失敗をすることになります。持ち家は資産価値と考え、災害に遭わずに長持ちさせることが求められます。水害に遭いにくい土地をハザードマップにより確認し、安全な場所を選ぶことが必要です。さらに地震に強い地盤であることや、がけ崩れの起きない場所であることを確認する必要もあります。

マイホームで注意しておくべき点は多く、全てを自分一人で行うのは無理があります。その場合は専門家の知恵を借りることも必要です。依頼先選びでは設計事務所や建築士が活用できます。専門家の意見を聞くことは、素人が陥りがちな失敗を未然に防いでくれます。資金計画では金融機関に相談するか、ファイナンシャルプランナーに知恵を借りることも必要です。

最も大切な土地選びでは、不動産会社の専門家が相談相手になってくれます。地元の不動産会社には地域内の情報が集まってきます。どこが安心できる土地かは、地元の不動産会社で知ることができるのです。自治体の担当窓口も情報の宝庫です。住民が目的意識をもって聞くことで、担当者は親切に教えてくれるでしょう。注意しておくべきポイントさえ外さなければ、マイホーム選びは成功したも同然です。